中学部

中学準備講座(小6対象)

HITSでは附属天王寺中へ進学予定の小6生を対象に、英語・数学の先取り学習を行う中学準備講座を設けています。

学習説明会「附中について」・中学準備講座のご案内

<主な学習内容>
英語:中1の二学期内容まで進みます。1つの単元を単語→文法→会話の流れで学習し、定着を図ります。
数学:正負の数、文字式、平面図形、1次方程式の単元を学習します。計算力と論理的に考える能力の向上を図ります。

準備講座では、表面的な学習にとどまらず、英語では基本文を言うだけではなく書けるように、数学では正しい式の書き方や文字を使う意味など、一歩踏み込んだ実践的な内容を指導しています。

英語や数学は、将来の大学受験でも重要な科目です。入試が終わり比較的ゆとりのある時期からしっかり基礎固めと土台作りを行い、この2科目を得意科目にしてしまいましょう。

中学準備講座

附属天王寺中学校について

学習指導

附属天王寺中では「自学自習」を教育理念として掲げています。進度は学習指導要領に準拠していますが、授業レベルは高く、高校レベルの内容が多い科目もあります。また、大学生の教育実習期間が年間を通して2ヶ月弱あります。なお、中2・中3の長期休暇に、成績が芳しくない生徒には、補習授業が行われていますが、私立のように頻繁に行われてはいません。

附属天王寺高校への進学について

中学校から高校への連絡進学において、特別な試験はありません。中学3年生までの学習や生活面から総合的に進学の可否が判断されます。課題提出に関しては特に厳格で、これが十分でない生徒は成績優秀者であっても進学できないことがあります。ただ、進学者数は毎年160名中150名以上となっているおり、高校進学のための特別な準備は不要であるといえます。

定期テスト

担当の先生によって差はあるものの、基本的にレベルは高く、高校レベルの出題もあります。平均点は60~70点程度であることが多く(中1の最初は80点前後)、問題の難易度から考えると高い得点といえ、在校生の真面目な学習態度がうかがえます。成績が芳しくない生徒には、追試が行われます。

HITSがすすめる学習法

上記のような特徴から、HITSが考える有効な学習法は「基礎・基本を確立させる」ということです。「基礎・基本」といえば易しい問題をイメージしがちですが、そうではありません。応用問題であっても、それは基本事項から成り立っており、基本がしっかりすると応用問題を解く力も当然ついてきます。成績不振から当塾に通いはじめる生徒の多くは、このことを勘違いしています。難解な解法を理解しようと背伸びしたり、理解もせず公式を覚えたりといった行動は無意味です。また、附属天王寺は中高一貫校ですから、高校受験などに見られる特別な受験テクニックを学習する必要も全くありません。そのような時間は基礎・基本の理解に割りあて、それができたら応用問題にチャレンジする。それで十分だと考えます。